デリヘル中心の風俗街

越谷は、埼玉県の中で人工率が高い市で、特例市にも選ばれている場所です。

あまり知られていませんが、1954年までは「越ヶ谷」という名称でした。
1954年に合併によって越谷町が成立した時に、「ヶ」の部分を取り、「越谷」となりました。

越谷には観光地も多く存在します。
公園や神社、また多くの野鳥が観察できる森もあります。
また古墳後期の住居跡が検出された遺跡も見つかっています。
ここでは須恵器や土器類など多くの出土品が発掘されています。
現在この遺跡は遺跡公園と形を変え、多くの家族連れが訪れています。

この越谷には、デリヘルを中心に多くの風俗店が並んでいます。
風適法の影響もあり、現在はファッションヘルスよりもデリヘルの割合が多くなりました。
越谷も例外ではなく、現在は派遣型風俗店であるデリヘル店の軒数が年々増えています。
ただ、デリヘル以外の風俗店も多く残っています。
手コキ専門の風俗店であるオナクラやピンサロ、そしてファッションヘルスも軒数自体は少なくはなりましたが、今でも営業を続けているところがあります。

あまり知られていませんが、「国民健康保険発症の地」としても有名です。
それを記念する碑も建てられています。

話題のサイト▼

デリヘルは多いけど、サービスの良い越谷 風俗を体験してみるのもいいでしょう!